Edieって何者?

目安時間:約 7分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

 

 

 

 

 

ブログ用12

 

 

 

 

 

【Edieって何者?】

 

 

 

 

 

ブログ用56

 

 

 

 

Edie (エディー)はもちろんニックネームであり、

本名の英語読みスペルからの語呂合わせ

或る外国人の友人が私に付けてくれたものである。

 

 

 

正真正銘の、生粋、コテコテの日本人である(笑)

 

 

 

現在は50歳を過ぎて数年が経過しているが、

 

「まだまだ人生この先に楽しい事が沢山ある!!」

 

....と夢見てワクワクしている少年のようなオジさんである。

 

 

 

しかしやはり年齢的には

かなりのデスパレートを自覚していて

少し焦りもあるのも事実だ。(苦笑)

 

 

 

 

ブログ用53

 

 

 

 

少年の様な。。。。とは、

ある意味 成熟していない、

大人になりきれていない、

などと紙一重のところもあるが、

 

それもそのはず、

未だかつて結婚歴がない独身である。

 

 

 

家族・子供を持たず、

「背負うもの」が一切ない人生を

自分の好きなように送ってきた。

 

 

 

そう言うと

一見自由気ままで気楽な人生の様に聞こえるが、

 

実際のところは波瀾万丈、山あり谷あり、

谷あり谷ばかり...の連続であった。

 

 

 

 

ブログ用51

 

 

 

 

小・中・高・大学と学生時代は

ごく人並みに過ごせてはきたが、

 

社会人になってからの浮き沈みが実に激しく、

まさに奈落の底へ落とされた様な経験も数多くあった。

 

 

 

最初に就職した会社では

11年間勤務していたが、

そこを退職してからというもの、

転職に転職を重ね何とそれは3年で5回を数えた。

 

 

 

 

ブログ用52

 

 

 

 

最初の会社を退職してからは

3年間で世の中の厳しさを痛いほど味わされた。

 

 

 

「自分は今までなんと恵まれた雇用環境にいたのか。。。」

 

 

..........しみじみ痛感した。

 

 

 

一挙に谷底へ落とされてもがき苦しみながら、

這いつくばる様な数年であった。

 

 

 

そしてその地獄の様な3年間を経て

最後に到達して自分で選んだ道は、

結局最初の会社と同業の仕事であった。

 

 

 

そして今迄での経験に基づき個人事業として再出発した。

 

 

 

やはり持って生まれたもの

培ってきたものを活かしてゆくのが、

一番自分に合っていると切に感じた結果だったのだ。

 

 

 

 

ブログ用54

 

 

 

 

そうしてこの歳まで何とかやってきた訳だが、

そろそろ余生、老後?の事を考えなければならない。。。

 

自分では老後などと一切思ってはいないのだが...

 

 

 

いつまでも身体を使った仕事に従事し続ける訳にもいかない。。。

 

 

現実に歳をとったのは事実であり、

これからの人生は日本より物価の安い、

海外の温暖な南国の地で気ままに暮らしたい

という移住願望がとみに強くなってきたのである。

 

 

 

 

ブログ用55

 

 

 

 

私と一緒に

 

「ワクワク南国移住計画」を始めませんか!?

 

 

 

 

身体に楽で心にも優しい世界を求めて、

 

まだまだ「夢見るオジさん」Edieの新たな挑戦

 

始まったばかりなのだ!!

 

 

 

ニュースレターのお申し込みはコチラから

ニュースレターお申し込みフォーム
メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

プロフィール


デスパレートな独身男
 Edie (エディー)


オススメ記事
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ