山梨県山中湖村 芙蓉台別荘地

目安時間:約 9分

 

 

 

 

【 番外編 芙蓉台 別荘群 】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山梨県山中湖村にある「芙蓉台」(ふようだい)は、

 

 

いわゆる避暑地としての別荘地で

 

 

湖畔より少し登った高台に位置しており、

 

 

眼下に山中湖、正面に富士山を眺める

 

 

実に贅沢なロケーションにある。

 

 

敷地入口には守衛室とゲートがあり、

 

 

24時間のチェック態勢で

 

 

一般の方は基本的には入る事は出来ない。

 

 

(私は知り合いがいるのでラッキー〜🎵)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとつの山、丸ごとが別荘地となっており、

 

 

急斜面にもしっかりと土台工事を施された別荘が

 

 

各所に点在して建てられ、

 

 

住民はテニスコートやプールも使用する事が出来る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かつてバブル時代に

 

 

日本各地に競い合って造成された別荘地の中でも、

 

 

関東圏では古くから人気のある軽井沢とは別に、

 

 

東京から最寄りのリゾートとしてもその存在感を誇っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在では知る人ぞ知る、

 

 

静かで穏やかな別荘地となっているが、

 

 

未だに新築される方も多く、

 

 

中には有名人所有の邸宅や

 

 

目を奪われるほど豪華な別荘も多く建ち並んでいる。

 

 

私が一昨日から訪れた際は

 

 

まだシーズンオフという事もあり、

 

 

2時間ほど散策して出会った人はたったの二人であった.....

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

= = = = = = = = = = = = = = = =

 

 

 

 

 

そのロケーションの素晴らしさは、

 

 

 

日本の中でも有数な価値であると云えよう。

 

 

何と言っても

 

 

朝 起きてカーテンを開けると

 

 

 

目の前に山中湖、

 

 

そしてその上には

 

 

富士山が鎮座しているのだから.....

 

 

 

 

ただこれほど素晴らしい立地でも

 

 

数年前から危惧されている

 

 

「富士山の大噴火」

 

 

でもあろうものなら、

 

 

一瞬の内に呑み込まれてしまうのかと思うと

 

 

何とも感慨深くなってしまう。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたも是非チャンスを作って

 

 

この様な「知る人ぞ知る」別荘地へ

 

 

足を運んでみては如何だろう.....。

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

バルセロナの風

目安時間:約 10分

 

 

 

 

ブログ用35

 

 

 

 

1987年の6月

私は会社の研修で同僚と2人でヨーロッパへ旅行させてもらった。

 

 

 

中でも強烈な印象として残ったひとつが

 

スペインのバルセロナであった。

 

 

 

 

ブログ用33

 

 

 

 

私の会社はテニス関連の事業をしていたので、

研修にはその視察目的という題目によるものだった。

 

 

 

当時ヨーロッパで「テニス施設の視察」といえば、

もちろんイギリスのウィンブルドン

 

 

 

 

ブログ用32

 

 

 

 

そしてかのビヨン・ボルグを輩出したスェーデン

 

そしてボリス・ベッカー、シュテフィ・グラフドイツと、

 

 

同僚が計画した行程に私が

 

「ヨーロッパへいくならどうしてもバルセロナへ!!」

 

 

との達ての希望でむりやり組み込んでもらったものだった。

 

 

 

どうしても聖家族教会(サグラダ・ファミリア

 

をこの目で見たかったからだ。

 

 

 

 

 

ブログ用11

 

 

 

 

時は2年後の89年に夏期オリンピックを控えており、

にわかに盛り上がりをみせていたバルセロナ。

 

 

 

スェーデン、ドイツと経由して

降り立ったスペイン・バルセロナ空港は

実にラテンの香りがするウキウキするような都市だった。

 

 

 

ただひじょうに蒸し暑かったのを覚えている。

 

 

 

私たちは空港からTAXIで市内に入り

私が予約したHOTELに着いた。

 

 

 

その名も

 

オテル「ガウディ(Gaudi)」

 

 

 

 

ブログ用29

 

 

 

 

事前に調べて日本語の出来るフロントマンがおり、

目の前にガウディの建築物があるというホテルだった。

 

 

 

少しもどるが、今でこそスペインは

ナダルを筆頭としたテニス王国として知られるが、

 

 

 

 

ブログ用36

 

 

 

 

私達が訪問した当時はまだスペインはテニス後進国で、

誰一人として有名選手はいなかったのである。

 

 

 

つまり「テニスの視察」とは関係なく

私の「希望」である

「芸術性」のみを見聞しに行ったのである。

 

 

 

 


 

 

 

 

ランブラス通りに面したホテルからは

港町バルセロナの息づかいが随所に感じられた。

 

 

 

 

ブログ用21

 

 

 

ブログ用20

 

 

 

 

 

通り沿いにはバル(Bar)をはじめ、

テラス席のレストラン、

様々な路地に繋がった入り組んだ枝葉の様な裏通り、

 

 

突然ひらける大きな広場や大道芸人、

観光客や往来する人々で賑わっていた。

 

 

 

 

ブログ用26

 

 

 

ブログ用19

 

 

 

ブログ用27

 

 

 

 

 

到着した次の日に私たちは

ランブラス通りを抜けてからカサ・ミラを眺め、

 

そこから目的である

 

サグラダ・ファミリア までTAXIを拾った。

 

 

 

なんとも荒い運転....

少し恐怖を感じたのを記憶している。

 

 

 

 

ブログ用28

 

 

 

 

ブログ用30

 

 

 

 

大通りからTAXIで約20分くらいだろうか、

目指すサグラダ・ファミリアに到着した。

 

 

 

目の当たりにする世界遺産

しばし言葉も忘れて見上げていたが、

写真を撮ろうにも真下からではとても全体像は入らない。

 

 

 

 

ブログ用13

 

 

 

 

ブログ用15

 

 

 

 

目の前の彫刻や

そびえ立つ塔のひとつひとつを

バラバラに撮影するのみであった。

 

 

 

現在も然り、(2016年)

当時も建築途中である世界遺産は所々が工事中であり、

観れる場所は限られていた記憶がある。

 

 

 

 

ブログ用16

 

 

 

 

そんな中で何本も立つ塔のひとつに登ることにしたのだが、

何とエレベーターが工事中であった為、

徒歩で一段一段登ることとなった。

 

 

 

ひじょうに狭く

昇降のすれ違いもやっとのらせん状の階段を

何百のぼっただろうか?...

 

 

 

 

ブログ用18

 

 

 

 

当時まだ30代でスポーツ選手である我々も、

頂上に着いた時はさすがに足がガクガク、

汗でびっしょりであった。

 

 

 

しかし一段一段足で登った達成感とともに、

頂上から眺めたバルセロナ一望の景色

今でも鮮明に脳裏に焼き付いている。

 

 

 

 

狭い頂上で少し恐怖感を感じる中に

何とも心地よい風が私たちの汗をぬぐってくれた思い出は

一生忘れ得ぬものとなった。

 

 

 

 

またいつの日か、訪れ、

 

「夜のサグラダ・ファミリア」

 

を観てみたいと思った.........。

 

 

 

 

 

ブログ用17

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

ニュースレターのお申し込みはコチラから

ニュースレターお申し込みフォーム
メールアドレス

プロフィール


デスパレートな独身男
 Edie (エディー)


オススメ記事
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ